キャッシング即日の信用度を上げる方法

キャッシング即日の信用度を上げる方法

キャッシングを利用する際には審査に通らなければなりません。また、申し込み後に増額を希望する場合にも審査があります。ここで重要になってくるのがクレジットヒストリーと呼ばれるものです。

これは、クレジットカードの返済履歴のことなのですが、当然ながら借金をしたことがなければクレジットヒストリーはありません。
女性が使いやすいキャッシング即日融資、人気ランキング!

クレジットヒストリーとは、その人がこれまでどのような借り入れや返済を行ってきたかを表すものでもあるため、新たにキャッシングの申し込みを行ったり、増額の申し込みをする際にはクレジットヒストリーが重視されます。

クレジットヒストリーを良いものに保つことは信用度を上げることでもあるといえるでしょう。 クレジットヒストリーが悪いものであった場合、キャッシングの申し込みをしても断られてしまったり、増額の希望を出しても受け入れてもらえません。

ではどのようにしてクレジットヒストリーを良いものに保てば良いのかというと、何よりも重要となるのが毎月遅れずに返済するということです。貸金業者にとってなによりも怖いのは返済が滞ってしまうことですよね。

そのため、頻繁に延滞している方はクレジットヒストリーが非常に悪くなってしまうのです。 逆に言えば、延滞さえしなければ評価の高いクレジットヒストリーを築き上げることができます。

一度もキャッシングを利用したことはないものの、申し込んだら断られてしまったというケースは珍しくありません。その理由として、借金をしたことがない方はクレジットヒストリーがないということが挙げられるでしょう。

借りた経験もなければ返済した経験もないということは、貸主にとって滞りなく返済できる人かどうか判断できないということでもあります。

もし、将来的に生活が不安定になりそうだと感じている方は、早い段階からクレジットヒストリーを作っておいた方が良いかもしれませんね。

クレジットヒストリーがないと高額な融資はほとんど断られてしまうので、まずは小額から融資を申し込み、クレジットヒストリーを築き上げていくのがおすすめです。
多摩信用金庫

ヤミ金からキャッシングする前に知っておきたいこと

お金を借りる際に、初めからヤミ金を選択してしまう方もいるようですが、これはおすすめできません。ヤミ金は法律などを守って営業していないため、様々なトラブルにつながってしまう可能性が高くなります。

例えば、これまで一度もお金を借りたことがないという方の場合、ヤミ金でなくても貸してくれるところはたくさん見つかるので、ヤミ金を選択する必要はありません。

それから、借り入れの経験があったとしてもしっかり返済を行い、ブラックリストに載ったことがないという方であれば、総量規制に引っかかっていない限り貸してくれる貸金業者は見つかるでしょう。

大手の消費者金融の方が安心できるので、名前を聞いたことがないような業者よりも大手を選択するのがおすすめです。

ヤミ金を検討している方の中には専業主婦の方も多いようです。というのも、消費者金融からは自分の年収の3分の1までの金額しか借りることができません。つまり、自身に収入のない専業主婦の方は、消費者金融から借り入れができないというわけですね。

これが理由でヤミ金を選択してしまう方が多いようなのですが、自身に収入がなかったとしても銀行のカードローンであれば借りることができます。 これは、銀行のカードローンが総量規制の対象にならないからです。

専業主婦はヤミ金しか選択肢がないと思っていた方もいるかもしれませんが、そうではないので注意しましょう。

また、ブラックリストに載ってしまい、どうしても消費者金融から借り入れができないという方もヤミ金を選択しがちです。ですが、仮にブラックリストに載っていたとしても中小の消費者金融であれば借りられる可能性があります。

もちろん、業者側もリスクを負う形になるので、中小の消費者金融ならばどこでも借りられるというわけではありませんが、返済能力を認めてもらえれば貸してもらえるケースもあるので、ヤミ金以外の業者から検討してみた方が良いでしょう。

自己破産をしたばかりという方は残念ながら中小の消費者金融でも断られてしまいます。

キャッシングでよく聞くブラックリストとは?

キャッシングでは、よく「ブラックリストに載っている人は借りられない」、「審査に受からない」という表現を聞きますよね。 ですが、このブラックリストが何のことを刺しているのかわからず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

これは、お金を貸す債権者側がチェックしている個人信用情報機関の事故情報のことです。 債権者側は個人信用情報機関というところに集められている債務者の情報をチェックし、その人にお金を貸しても問題ないか判断するわけですが、過去に延滞や債務整理の経験がある方はそういった情報が事故情報として登録されてしまいます。

このような事故情報があるとその人は危険と判断されるため、ブラックリストと呼ぶのです。 あくまでそういったリストがあるわけではないのですが、事故情報が登録される=ブラックリストに掲載されるということになります。

では、具体的にブラックリストに載ってしまうとどのようなデメリットがあるのでしょうか。 まず、数年にわたって銀行や消費者金融からお金を借りることができなくなってしまいます。

これは、登録されている事故情報の内容によって何年間お金を借りられなくなるのか違うのですが、自己破産などを行った場合にはかなりの長期間にわたって事故情報が残ってしまうので注意しなければなりません。

また、自動車ローンや住宅ローンを組むことができなくなってしまいます。それならば現在持っているクレジットカードで何とかやりくりをしようと思うかもしれませんが、仮にそのクレジットカードの返済が滞ってしまい、再審査される形になってしまうと使えなくなってしまう可能性も出てくるのです。

お金に余裕がある方であれば、ブラックリストに登録されたとしても特に問題ないと言えるかもしれません。ただ、自動車ローンや住宅ローンというのはかなり金額が大きいため、キャッシュで支払えるという方は少ないですよね。

いざ大きなお金が必要になったという時に困ってしまうので、ブラックリストには載らないように注意するのが一番です。

↑ PAGE TOP